ホタルの里

20170615-_DK08814のコピー

長野県上伊那郡辰野町。

ホタル童謡公園へ初のホタル撮影に向かった。

 

ここに生息するのは殆どがゲンジボタルである。

ゲンジボタルは発光時間が長く、発光間隔が4秒型、3秒型、2秒型がいるらしい。

よって、移動・飛行するホタルの光の軌跡を撮影することができる。

 

今年は大発生するという予想通り、凄まじい数のホタルが乱舞していた。

20170617-_DK09462のコピー

無数のホタルが飛び交い、大きな木に登っていく。まるでクリスマスツリーである。

私が見た日は2万匹を超えていたそうだ。

なお、この写真は合成ではなく、30秒露光一枚撮り。

※ちなみに、どうやって数えているのかというと、『目視で一匹ずつ』なんだそうだ(笑)

実際に数えている人が居たので、確度はともかく本当のようだ。

 

この日は運良くホタルが高いところを飛び、空も綺麗に抜けていて星空とホタルを撮影することもできた。
個人的には乱舞ばかり撮っていてもごちゃごちゃしてつまらない。やはり少し空間を空けた構図が好きらしい。

 

 

StarStaX_20170617-_DK09238-20170617-_DK09422_lightenのコピー

ちょっと目線を下に向けると、水路とモミジ。ここにホタルが飛ぶ。

ほとんど無風なのでモミジもあまりブレない。

 

 

StarStaX_20170618-_DK09588-20170618-_DK09602_lighten

ゲンジボタルは気温・湿度が高く、風のない曇った日によく飛ぶらしい。

別の日に撮影したこの一枚、

雲の向こうにうっすら見える月と、池の上を飛ぶホタルの組み合わせが情緒溢れてとても美しいと感じた。

 

結局この日は深夜2時まで元気に飛んでいた。

これほどまでの数のホタルに来年もお目にかかれる保証などないので、がっつり撮影した。

久しぶりに心踊る思いで過ごすことができた。

 

 

そうえいば、今回の撮影でたまたま隣で撮影していた人といろいろ話をした。
その人、全国をハイエースで回って撮影しているとか。プロではないとのことだが、写真を見せてもらったら凄まじいクオリティ。

自分の撮影の体験談や、某有名写真クラブの有名人の話とか、水中写真をメインにしている自分としては知らないことをいろいろ聞かせてもらった。

特に面白かったのは、その人、写真家全然分からないと・・・(笑)。

「他人の写真真似たってつまらないでしょ。」

・・・そりゃそうだね。

他人の模倣じゃそれは作品とは呼べないよなぁ。

ちょっと、ハッとした。

いやぁ、撮影話を聞いていて全く飽きないなんてあまりないけど、この人の話は面白かった。

 

 

縁があれば、いずれまたどこかで会うことだろうな。

 

最近は、一期一会を楽しんでいる自分がいる。

自宅周辺は昆虫多し

いよいよ陽気が夏らしくなってきて、朝早くに起きても苦にならなくなってきた。

ここのところ週に1・2回、5時くらいに起きるが、ゴミ出しで外に出ると自宅周辺に・・・

20170603-_DSC0006.jpg

こちらは、テントウムシ。幼虫が壁にくっついて動くのをやめたと思ったら、翌日には蛹になっている。その後、約1週間後に羽化をする。蛹は他にもいて、ざっくり確認しただけでも10匹上は居た。その全てが日陰である。ちゃんと場所を選んで蛹になっているのだ。

1週間彼らを観察してみたが、彼らは大体決まって朝の5時〜6時の間くらいに羽化するようだ。

上の写真はそ羽化の後に湿っている羽を乾かしているところ。色と模様から、ナミテントウであることが分かる。このあと程なく、飛び立っていった。

その後、自宅そばに自生している植物の葉の上で、体長1.5cm程のカマキリを発見。

12343ー

このサイズ、かわいい。生まれて直ぐというわけではなさそうだが、十分な小ささである。

20170603-_DSC0011のコピー

なかなかお目にかかれないのでじっくり撮りたいけど、近隣住宅の方の目もあり、サクサクっと撮って終わり(ピンアマです・・・)。

葉っぱごと持ってきて、部屋でじっくり撮影・・・も考えたが、すでにこちらを認識しており、ちょっと動かしただけで逃げそうだ。

卵から孵すところから管理しないと撮影はキツそうだな。

しかし・・・やっぱりマクロ撮影は手持ちだと水中より陸の方がしんどかった。

葉山の浅場

長野から帰ってきてからの約3週間のうち、晴れた日を狙って葉山の海の浅場をスノーケリングしていた。とはいっても、週1ペースなんだが。

そういえば、一つの季節に浅場をゆっくり観察することなどなかったなと。

水温は20度くらいだろうか。それでも日が当たっていればロングジョンでも快適に泳げた。

20170529-_DK07750のコピー

20170529-_DK07779のコピー

葉山でスノーケリングとなれば、やっぱり海藻を見なきゃ撮らなきゃ。
もう海藻の時期も終わりだが、それでも前回潜ったときより生い茂ってるような。
しかし、アレだ・・・葉山の海で海藻を数限りなく撮ってきたけれど、未だに自分で『合格』と言える写真が撮れない。腕なのか環境なのか、それ以外の何かなのか全然わからないけど、何かが足りないような気がする。

 

20170529-_DK07781のコピー

お、クラゲ?が漂ってる。

 

20170529-_DSC0120 2のコピー

種類は限定されるけれど、探さなくても生物がどんどん見つかるのは、楽しい。

すべてが写真映えするわけじゃないが、ギンポとナベカがいれば意外と満足できたりする。

20170529-_DSC0042

20170529-_DSC0083のコピー

ふと、岩陰に産み付けられたウミウシの卵を発見。卵の上部に気泡が。

岩陰だったので周りを暗く落としてみて、少し怪しい雰囲気出ただろうか・・・。

 

 

いやぁ、車で葉山に行って気軽にスノーケリングを楽しめるようになったのは大きい。

真夏はオヤビッチャの幼魚とかも足繁く通って撮影できるかも。

 

でも、冬の水の綺麗な時期が待ち遠しかったりする。

あ、でも潜る回数減る・・・。

信州の春めぐり 其の四

長野市、須坂市方面の桜が散り始めたころ、今度は白馬・大町方面が見頃を迎えた。

 

そろそろ帰ろうかと思っていたが、予定を変更し、白馬方面へ。

 

まずはこちら、『大出公園』

北アルプスと青空、綺麗な川と桜のバランスが良く、お気に入りの景色。

20170502-_DSC1201

でも人が多すぎるのでサクッと撮って撤収。

ここは駐車場があるのだけれど、ものすごく狭い。桜の季節は路駐も多い。

 

やむを得ないんだろうけど、あまりにも路駐が酷い。

 

次は白馬村の野平地区へ。

『野平の一本桜』は八分咲きだった。

ここも、北アルプスとのコラボが美しい。

白馬方面に来ると、もはや桜よりも雪の残る北アルプスの美しさに目が奪われる。

20170502-_DK05687

ベストは早朝、朝陽の光が桜と北アルプスに当たる時間帯が狙い目だが、今回はそこに時間をかけられなかった・・・来年また。

 

 

そして最後は『中綱湖の桜』へ。

湖畔に植えられたオオヤマザクラが湖面に映る。ただし、風が弱まるのは概ね早朝のみ。

念のため車中泊することにした。

もちろん、夜景も撮影。

20170507-_DK06755

これはちょっと画が粗いが、ちょうど北斗七星のそばを流れ星が一筋。

 

20170504-_DK06282

こちらは角度を変え、星空が湖面に映る構図で。朝より夜のほうが湖面は綺麗だった気がする。

 

夜が明け、太陽が出るまでは2、300人は湖畔に居たと思う。太陽が完全に出切るころ、湖面はほどなく風が吹き、湖面がさざ波立った。

同時に、カメラマンたちは撤収していく。私も仮眠をとってから撤収した。

20170507-_DK06896

 

とまあ、故郷信州にて春の景色を見て回ったわけだが、ザ・観光地な場所よりは、野平や中綱湖のようなところの方が落ち着いて、かつ楽しく撮影できる。やはり環境というのは大事なんだなと思う。

 

そういえば、風景をこんなふうにじっくり撮影する機会なんて、あまりなかった。

新鮮な気持ちだったのが心にプラスの作用をもたらしたのかどうかは分からないが、名も知らない観光客やカメラマンと長らく会話したり撮った写真を見せ合ったりと、意外とコミュニケーションをとっていた。

 

基本、あまり他人と関わり合いを持ちたがらない性格なので、正直ちょっと驚いた。

 

 

大出公園:
http://www.nagasuki.jp/hakuba/sightseeing/garden/post-8/

 

野平の一本桜:
http://www.pixpot.net/articles/u_d_view/219/nodaira-sakura-viewspot

 

中綱湖:
http://www.kanko-omachi.gr.jp/cherryblossom/nakatsuna/nakatsuna.html

 

 

信州の春めぐり 其の三

自分の実家の周りには、桜の名所が多数存在する。

前回のブログでも触れた、『大日向観音堂の夫婦枝垂れ桜』もその一つなのだが、4月も20日を過ぎたころ、さらに標高の高い場所で次々と見頃を迎えた名所を訪ねた。

信州北部の桜の名所のうちでも、上高井郡高山村は特に桜が集まる地。

この春訪れたこの村の桜は以下の通り。

『和美(なごみ)の枝垂れ桜』

20170422-_DK03246

樹齢は100年そこそこと、村内の枝垂れ桜では若い方であるが、ご覧の通り実に立派な桜である。

この桜の所有者は、私有地にも関わらず来訪者に対して非常に寛容で、夜はライトアップのほか、今年は初の試みとなる花火も実施した。今回は風邪が強く花火が流れてしまったが。

夜も基本的には何時までいてもいいそうで(笑)、私はライトアップ終了後に星とのコラボで深夜まで撮影した。

若い桜なので、これからも何世代も楽しむことができるだろう。

個人的にはこの村で一番気に入った桜である。

『水中(みずなか)の枝垂れ桜』

20170425-_DK04258

高山村の五大枝垂れ桜のうちの1本。樹齢は250年。

高山村でおそらく最も人気のある枝垂れ桜。平日休日を問わずかなりの人が訪れる。私が行った時は、駐車場は常に満車状態であった。

この桜、樹高22mで見応え充分。人が絶えないので撮影のタイミングを図るのは少々面倒ではあるが。

夕暮れ時は北アルプス方面の山々の稜線との組み合わせが美しい。

20170424-_DK03947

『黒部のエドヒガン桜』

20170428-_DK04650

こちらも高山村の五大桜のひとつ。樹齢約500年。

田園地帯の只中に立つ。信州の片田舎の雰囲気たっぷりのとても気持ちのいいロケーションである。晴れた日は長野の誇る名山、飯綱山、高妻山、黒姫山が見える。

田んぼに囲まれているため撮影ポイントは限られるが、駐車場は少し高い視点の場所にあり、引きで撮影するには丁度よい。

ただ・・・、すぐ近くに菜の花が群生しており、それを手前に桜・・・という構図で撮影したいのか、田んぼに入り込んで撮影する輩が実に多かった。

近くのプレハブで桜茶やお菓子をサービスしてくれている地元の方にそのあたりをそれとなく聞いて、私は菜の花越しの撮影はしないことにした。

『坪井の枝垂れ桜』

20170428-_DK04568

高山村の五大桜のひとつ。樹齢約600年。

直ぐ側に菜の花畑があり、車道からこの構図での撮影が可能。前述の黒部のエドヒガン桜を田んぼに入って菜の花越しに撮影するくらいなら、ここで撮影するべきである。

もちろん、近くまで寄ることも可能だが、桜の木の根本にはお墓があるのでそこは気を遣った。

桜までの道は以下の通り、菜の花畑を左手にして奥に桜が見える構図がとれる。

一声かけて、老夫婦をモデルに一枚撮影させてもらった。

ここに至る道は桜の季節は一方通行で駐車場も狭いので、運転には気をつけたい。

20170428-_DK04554

次に訪れたのは、高山村から20分程の、豊丘村というところ。

ここの『弁天さんの枝垂れ桜』が最も興味があった桜で、開花の日をずっと待っていた。

ちょうど完璧な満開状態で程よく雲のある晴天、しかも平日に見ることができた。

樹齢は250年。

20170428-_DSC1165

ここは高山村の桜に比べて圧倒的に来訪者が少なく、全方位で撮影もできる。

20170428-_DSC1143

ここでは毎年ライトアップも行っているということだったので、夜まで待って夜桜撮影も行った。今年はたまたまこの村の出身の青年が『桜専用のLEDライト』なるものを借りてきて、それでライトアップをしてくれた。

今までは色温度の低いライトが用いられていたが、新しいライトで照らされた桜は、それは美しいピンク色に輝いた。

20170430-_DK05509

なんでも、これが日中見ている桜の色らしい(真偽の程は定かではないが)。

しかもこの日はライトアップ時間帯に月が出ており、何となく雰囲気のある画が撮れた。

桜には、星より月のほうが似合う。

 

 

 

和美の枝垂れ桜・水中の枝垂れ桜・坪井の枝垂れ桜・黒部のエドヒガン桜:

http://shinshu-takayama-onsenkyo.com/free1

弁天さんの枝垂れ桜:

http://www.suzaka-kankokyokai.jp/contents/midokoro/213.html

信州の春めぐり 其の二

快晴の日を狙い、次に訪れたのは須坂市にある臥竜公園。

こちらも、信州の花見スポットとしては定番中の定番である。

ここは、池を囲むように植えられたソメイヨシノが水面に映る。

20170418-_DK02537

この日はほぼ無風であった。北アルプス方面は雲がかかっていたのが残念。

平日の9:00前に行ったのだが、お客さんは殆どいなかった。

臥竜公園は正直露店が邪魔で画にならない(と思っている)ので、早々と切り上げた。

そのあとすぐ、同じ市内の大日向観音堂というところへ。

ここには『夫婦枝垂れ桜』と言われる二本の巨大な枝垂れ桜があるのだが・・・

20170418-_DK02707

20170418-_DK02694

この写真では分からないが、一本は今年の降雪の際、積もった雪の重さで根本から折れてしまった。

観光資源としてはかなりのマイナスなのだろうが、やむを得ない。

折れた桜(妻の方らしい)は保管してあるらしく、今後は桜関連の商品の材料となるという。

ただ、一本折れていても十分見ごたえのある桜だった。

翌日は、少し遠出をして高遠城址公園へ。

1,500本以上のタカトオコヒガンザクラが植えられているとか。

ちょうど見頃を迎えたということで、平日にも関わらず凄まじい数の観光客。

20170419-_DK02950

園内を撮影する気など全くおきない。なので園内から外を撮る。

タカトオコヒガンザクラは美しい。程よいピンク色が気持ちよい。

20170419-_DK02939

この高遠城址公園、桜の季節には約35万人訪れるとか。

人は多いが一度は来た方がいい。

臥竜公園:http://www.suzaka-kankokyokai.jp/midokoro/sakuramatsuri.php

大日向観音堂:http://www.suzaka-kankokyokai.jp/contents/midokoro/214.html

高遠城址公園:http://takato-inacity.jp/h29/

信州の春めぐり 其の一

一ヶ月ぶりの更新。

 

ここ3週間程、用事があって実家のある長野に帰省していた。

 

そのスキマで、「せっかくだから俺は信州の春の景色を見て回ろう」と思った。

 

春の景色といえば、やはり桜だろう。

長野は他県より圧倒的に開花が遅く、見どころも多いので平年だと4月中旬〜5月上旬までとスパンが長い。

今年は随所で「開花が遅い」と言う声を聞いたが、昨年が早すぎただけであり、実際は平年並みだった。

 

なので帰省した直後のタイミングではまだどこの場所も開花直後がいいところ。

とりあえず、桜は1日2日程待つことにした。

 

まず、あんずの花が見頃ということで、『あんずの里』に。

20170415-_DK02079

 

このあたりは一面あんず畑が広がる。

すべてを歩いて周るとおそらく40分くらいはかかるだろう。

折しも高気圧に覆われ、かつ程よく雲が残る天気であったため、あんずの花の色も綺麗に出た。

 

 

翌々日、好天と高気温に恵まれ開花がそこかしこで始まる。

親から光林寺というお寺が良いと聞き、早速向かう。

 

ここの枝垂れ桜が実に見事。樹齢300年の枝垂れ桜が4本。

 

_DK02159-0138

そのうちの一本が、長野市内を見渡せる場所に立っており、なかなかいい眺望である。

20170418-_DK02891

 

真夜中に訪れたらまたいい景色だと思うが、そこはお寺なので。

20170416-_DK02198

 

個人的にはこの後訪れた枝垂れ桜の名所よりも存在感があったと思う。

駐車場も広く、訪れる人もさほど多くない。

 

いわゆる誰もが知っている名所は本当に人が多く(この後訪れることになるのだが)、ストレスが溜まる。自分にはこういうひっそりとしたところが好みなので、とても気に入った。

それに、こういうお寺の桜であれば、レジャーシートを広げた品のない「お花見」現場を目にすることもない。

ここは来年も是非訪れたい。

 

 

その後は、2日程天候が悪く・・・

とはいえ、この間はやることがないので少し出かけることにした。

向かう先は定番中の定番、上田城。

20170417-_DSC0766

櫓と桜、そして六文銭の旗、よく合ってる。

 

_DK02392-0064

櫓もいいが、個人的には堀の周りの桜が良かった。

夜桜のライトアップも行っているが、人が多くなりそうなのでそこはパス。露店の照明もちょっとうざったいので。

 

 

各地の情報は下記を参照のこと。

来年のお花見のお役に立てれば幸いです。

あんずの里:http://www.shinshu-tabi.com/kousyoku.html

光林寺:https://www.city.nagano.nagano.jp/site/naganohyakkei/101847.html

上田城:http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/