姨捨の棚田

水中写真に魅了されて水中写真ばかり撮ってきたけど、やっぱり陸上の撮影はやっておかないと上手くならないのはずっと感じていた。

 

どうせ陸上の撮影をするなら、自分のルーツである故郷から攻めるのが良いだろうと思って、ここ3年くらい、少しずつではあるけれど撮りためている。

 

そういえば、誰かが言ってた。

「陸でできないことは水中でもできない。」

って。

全てがそうとは思わないが、概ねそのとおりだと思う。

だから、陸上の撮影が上手い人が水中撮影に手を付けたら、すぐに上達するんじゃないか。

プロでそういう人、いるなぁ。

 

 

さて、自分が故郷の陸上撮影をする上で絶対に外せないのが、姨捨の棚田。

水入れがほぼ終了したようなので、撮影に行ってきた。

すっかりポピュラーな被写体になっているので、いまさら感が半端ないが。

 

姨捨の棚田は長野県千曲市大字八幡姨捨にある千枚田である。『日本の棚田百選』のひとつ。

ちなみに、47都道府県で長野県の棚田が最も多く百選に選ばれているようだ。

棚田オーナー制度があるため、個人が棚田を借り、稲作ができる。

 

 

今回は朝と夕方の撮影をまる1日かけて実施。

ここ、とにかく広大なので駐車場から最も見晴らしのいいところまではずいぶん歩く(駐車場でないところに駐めればほとんど歩く必要はない)。

そして棚田ゆえに坂道である。

これがまた、心臓破りの坂なんだよな。

 

一番上に着くと、汗だく。重い三脚持ってこれはきっつい。

ぜーはー言いながら、朝焼けを撮影。

20180525-_DK08090
朝景その1。ここが一番上。駐車場はここからは全く見えない。
20180525-_DK08108
朝景その2。田んぼの並びが一番きれいだと思った場所。

 

夕方に再度訪れる。

20180525-_DK08221
夕景。日没直後。

水田が輝く様はとても美しい。

ただの棚田だったらつまらないんだけど、奥に広がる善光寺平との組み合わせがいいなぁ。

 

農作業中のおじちゃんたちも皆嫌な顔ひとつせず、ありがたい限り。

お仕事の邪魔しちゃってるかもしれないのに。ごめんなさい。

 

それに駐車場、お金取っていいのに。おやきとか販売してください・・・買いますから。

もっと商売っ気出していいと思います。この景観を守るためにできることはやってください。

 

 

本当は空に少し雲が欲しかったのだけれど、こればっかりはどうにもならない。翌日も様子を見たが、雲は出ず。

 

 

これで帰るのはちょっとアレなので、場所を変えた。

20180526-_DK08296のコピー
白馬村、青鬼集落の棚田にて。

白馬村の青鬼(あおに)集落。白馬に足を伸ばしてたまたま見つけた。

※わりと有名な場所だったんだが、調べずに行ってみたらここにぶち当たったという・・・。

残雪の北アルプスと棚田だ、めっちゃいいじゃないか。

雲がちょっと多いな。風がちょっと強いな・・・リフレクションがちょっと甘いな。

 

ここは早朝入れるのだろうか・・・?入れるならモルゲンロート狙いってのもありか。

うーん、また来年のこの時期にやるべきことが増えた。

広告

高山村、白馬、大町の桜たち

今年は気温がありえないほど上がり、4月の中旬のうちから須坂市、大町市、白馬村の各所で一気に桜が満開となった。

 

長野での滞在もそろそろ終わりの時だ。ここで満開を迎えたのなら、撮影に行かねばならない。

だが、昨年と同じものを撮っても仕方ない。

 

最優先は須坂市の隣、高山村の五大桜の一つ『黒部のエドヒガン桜』。

この夕景と夜景をどうしても撮りたかった。

嬉しいことに天気は終始快晴、まったく雲が出ず、かつ殆ど人が居ない。

しかもこの桜の立地、田園地帯の脇に立っており、ロケーションはなかなか。

20180421-_DK07261 2のコピー
黒部のエドヒガン桜 夕景  Nikon D800 + AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED  F:5.6  SS:1/1250 ISO100

夕暮れはなんか寂しい。

 

夜、近くの住宅の光がわずかに桜を照らすので、出来上がる画の桜はほんのり色づく。

20180421-_DK07149のコピー
黒部のエドヒガン桜 星景 Nikon D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED  F:2.8  SS:15秒  ISO1600

天の川がバッチリ見えた。ただこの時期、この位置に天の川が来るのは午前3:00頃だ。

 

翌日も深夜。白馬方面、『野平の桜』へ。

到着が遅かった・・・すでに数十人のカメラマンがそれぞれの撮影位置を確保している。

午前2:00の段階で50人ほど。

20180422-_DK07685のコピー
野平の桜 星景 Nikon D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED  F:2.8  SS:15秒  ISO1600

隣の人とぶつかるくらい近くで撮影しなければならず、横構図ではちょっと邪魔なものが入りそうだったので、割り切って縦構図メインで撮影。

この桜、どこから見ても何故かハート型。

 

そしてそのまま朝を待つ。

白馬の春は寒い。今年は暖かいといっても気温は10度を下回る。

車に戻ると撮影場所を失う。ああ寒い。カイロお腹と背中に貼ってあるんだけどな。

 

朝、昇る朝陽の光が北アルプスを山頂から少しずつ照らしオレンジ色に染まっていく、いわゆるモルゲンロートが見られると期待した・・・でも今回は綺麗に色づかなかった。

20180422-_DK07742のコピー
野平の桜 早朝、モルゲンロート Nikon D800 + AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G  F:5.6 SS:1/20秒  ISO100

 

ところでこの野平の桜、ここから程なくいったところにある中綱湖と並び、非常に人気の高い撮影スポットで、年々ここを訪れる人は増え続けている。

ここ野平地区は冗談抜きの限界集落であるが、この時期だけは三脚を立てた人で賑わう。毎年のこととは言え、地元の人にはさぞかし奇妙な光景だろう。

この日、一部のカメラマンのマナーの悪さが目についた。畑の中から撮影したり、駐車場があるのに路上駐車をしていたり。農家の方にも怒られていた。

いずれ、マナーを守らない一部の人たちの行動を起因として、この桜が切り倒されてしまうかもしれない。

 

有名になればなるほど、この桜の寿命を加速度的に縮めているかもしれないと思うと、なんだか虚しい。

・・・。

 

 

ここですっかり体も冷え切って、眠くてお腹も空いたからもう帰ろうと思ったのだが、道中で中綱湖を通る。今年は中綱湖はいいや・・・と思っていたのだが。

 

朝7時の段階でずいぶん湖面が綺麗で、リフレクションの状態も悪くなかった。

ここ、陽が昇りきるとたいがい風が吹き、湖面がざわつくのだが・・・。

「え、めっちゃ綺麗じゃん」

サクッと20分程、撮影してしまった(笑)。

20180422-_DK07889のコピー
中綱湖のオオヤマザクラ Nikon D800 + AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED F:5.6  SS:1/400秒  ISO100

 

ああ、やっとこれで帰れるか・・・。

逗子に帰ったら、お土産のおやきを食べよう。

 

富山経由で長野へ

駒繋ぎの桜を見た後、この日は大潮・新月だということに気がついた。

 

ちょうど園原ICから富山に向かえばホタルイカの身投げが見られるかもしれない。

 

思い切って行ってみるか!

そんなわけで阿智村の日帰り温泉でさっぱりして、飯を食ってから富山(※ここのソースカツ丼がめちゃくちゃ美味かった(笑))。

うおお、昨日は水と塩ようかんしか食べてないから力漲るのが分かる・・・。

 

そして、夜22時くらいに富山へ。

 

現地の天気は晴れていたが、気温が低く、波もそれなりにある。ホタルイカの身投げの必要条件にはちょっと足りない感が否めない。

波打ち際を確認・・・・

一匹発見(まだ生きてるから”杯”じゃない)。

そしてすぐ波にさらわれた(笑)

※地元の人が喜び勇んでホタルイカを探しているのが見える・・・楽しそう。

 

3時間粘ってみたが、海岸にホタルイカがびっしり打ち上がるあの光景は見られない。

 

・・・富山滞在4時間で撤収(笑)。蜃気楼も、富山の名物も味わうことなく撤収。

高速代とガソリンを浪費しただけで終わった。

 

 

気を取り直して、北陸道を走り実家に帰省。

ここからは去年と同じく、高山村、白馬方面を攻める。昨年撮れなかったシーンを撮るためだ。

次に向かったのは・・・上水内郡小川村

『日本で一番美しい村』と言われているらしい?

20180419-_DSC0138のコピー

何度来ても美しい。北アルプスが全ての景色を何段階もグレードアップさせている。

 

20180419-_DK0673700

そして、『番屋の桜』。

去年訪れた時は蕾だったので、今回は満開状態を見ることができた。

 

更に、夜まで待ってアルプス展望広場から星景を。

StarStaX_20180421-_DK07399-20180422-_DK07571_lighten2のコピー111

そこかしこから獣の鳴き声が聞こえるが・・・なんだろうね。

さ、寒いからさっさと帰ろう・・・と既にこの時深夜2時(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の春も・・・

今年も久しぶりに実家に顔を出すついでに、信州の春を見て周ることに。

 

・・・・というのは嘘で、実は兼ねてより見たいと思っていた阿智村の『駒つなぎの桜』を見に行くのが目的。

水田へのリフレクションが美しい超絶有名ポイントだが、桜に悪影響があるということで6年前から水入れを行っていなかった。

 

しかし今年は水入れを行うということだった。

来年以降はどうなるかわからないし、一回くらい拝んでおこうと、いざ阿智村へ。

やっぱり人気ポイントである。現地入りしたのはPM3:00くらいだったが、夜のライトアップまであと4時間という時点で既に50人ほど。中には早朝からずっと居るという人も。

翌日は平日だというのに、皆さんご苦労様です笑

 

天気は薄曇りから次第に晴れ、風速も1mくらい。星と一緒に撮るのも十分なコンディション。

そして桜は満開からわずかに散った感じか。

ここ、撮影できるのは向かって右側の手前から桜の後方までとなっており、レンズの画角にもよるけれども、朝靄などの特殊な状況にもでもならない限りだいたい皆同じ構図になると思う。

個性を出そうと頑張ってもいいが、どうせ撮り尽くされているだろうから、とにかくちゃんと撮ることだけを考える。

 

ライトアップはPM7:00くらいから9:00くらいまでの予定だったが、実際は9:30くらいまでは行っていた。

_DK06158-2のコピー

まず、購入してから使ってなかった6ommでちょこっと撮影。

 

そして消灯後。

_DK06247-2のコピー

_DK06316-2のコピー

各自手持ちのライトで照らしながら星と一緒に撮影。

これなら桜の右側に設置してある投光器も写らない。個人的には出来上がった絵も手持ちライトでの撮影の方が好きだ。何より深夜になってから無風になったので水面がさらにいい状態になった。

人が減り、いいポジションも確保できた。

おお、楽しい。

 

腹が減って、一度飯を食いに車に退避。暖をとって1時間ほど休憩し復帰。

深夜2時、気温は5度くらいか?寒いなぁ。

 

 

人数は一度減り、深夜〜早朝組の参加で再び増えてきた。

深夜3時時点で50人ほどだろうか。ここまで増えるともう休憩しに車に戻るわけにもいかんだろうから・・・

このまま朝まで行ってみよう。

_DK06472-2のコピー

朝までずっと水面は綺麗なまま、風もほぼ無風で撮影終了。初めての場所で概ね思い通りに撮影できたのでまあ満足です。

すっかり体も冷えて風邪ひきそうなので、この後日帰り温泉でまったりして次の地へ。

 

ところで、風景を撮ってると次第に待つことが苦痛じゃなくなってくるよねぇ。待ちの時間を愉しむ余裕さえ出てきた。

これは少しは進歩したってことだろうか?笑

久しぶりにPC強化

3月は潜水しなかった。

去年も3月は潜ってない。

 

暖かくなるのが早すぎて、

花粉症が例年より早く大爆発(笑)のため絶不調。

とても潜る気分ではない。

 

 

おかげで今年は初の青色申告で少々悩んだり、新しいお仕事の契約をしたり、夏に向けた潜水計画を考えたりと、他のことに時間を掛けられた。

 

それと、昨年買い換えたiMac(Retina 5K 27-inch late 2015 )の強化も。

メモリ8GBでPhotoshopとLightroomとYouTube(音楽用)と常駐ソフト多数のフル稼働はもっさり感が激しかったので、8GB✕2枚を追加。

写真 2018-03-17 21 15 14

Amazonでのレビューがかなりよく、相性問題もまず発生しないだろうということで

iRam Technology iMac(Late2015 27インチRetina 5K)用メモリ

を購入。

 

写真 2018-03-17 18 03 21

そういえばメモリ増設って8年ぶりだ。

メモリの増設めっちゃラクになってる。工具不要なのか・・・。それにスロットにスッと入る。固くてメモリが刺さらないなんてこともなかった。

 

昔は一体型もドライバーでカバー外してたよなぁ。

10年以上前に自作PCとかゴリゴリやってた経験なんて、もうゴミ以下の価値もない(笑)

 

スクリーンショット 2018-03-17 18.13.33

無事認識。合計24GB・・・。

もっさり感が完全に消えた。めちゃくちゃ快適。iMac購入時に一緒に買っときゃよかった。

 

しかしアレです。

初めてPC買った時はWindows95マシンだった。あの時はメインメモリ16MBとかだぞ??

時代(年齢)を感じる。

 

 

 

 

 

海藻の森と韋駄天鰍

2月の葉山の海は1年でもっとも美しく、もっとも見どころの多い時期だと、個人的に思っている。

なのでなるべく機会を作って潜りに行くことにしている。他の予定を変更してでも。

 

そしてこの日もまた、葉山に。

 

ワカメの繁茂が凄まじいというので、実に1年以上ぶりにビーチで潜った。

もちろん旬のダンゴウオだって見られるので一石二鳥だ。

20180223-_DK05085のコピー

このダンゴウオ・・・ゴミ気にならんのかい。

しっかしブサイクな顔してる。

 

 

2本目に空が抜けていい感じになり、気持ちよくワカメの森を撮影していたが、

カメラの設定ミスにより、RAW出力できていなかった。

痛恨のミス。気づいた時、歯軋りの音が聞こえた。

出力された写真は結構気に入ったのだが・・・

20180223-_DSC0139のコピー

海藻写真は後日、改めて撮り直しに行くことにした。

 

そもそもだ、自分の場合、

一つのテーマで1ダイブ使うくらいやらないでマトモなものが撮れるわけないじゃないか・・・。

 

 

それでも、転んでもタダでは起きない。タダで起きてなるものか。

 

実は浅瀬のアオサ畑にイダテンカジカの幼魚がうじゃうじゃ居た。

ここ3年くらいずっと撮影したいと思っていた生物で、鮮やかな緑色の体色が美しい。

ナベカの幼魚と似たような感じだが、ナベカよりずっと体色が綺麗だ(もっとも、ナベカ=ギンポなので種類が違う)。

これが普通の岩場とかだときっと見向きもしないのだろうけど、アオサと光合成の泡と組み合わせると可愛らしい画になると思った。

20180223-_DK05126

20180223-_DK05136のコピー

だが、この子、ダンゴウオのように寛容ではない。泳ぎが速すぎて一度逃すと簡単には追えない。その名の通り、まさに韋駄天の如し。

 

ともあれ、悪いことばかりじゃなくてよかった。

 

 

ダンゴウオはやめられない

今年もダンゴウオの季節がやってきた。

幼魚初登場から少々遅れてようやく見に行くことができた。

 

・・・葉山でダンゴウオを見るようになってもう4年ほど経つが、何度見ても可愛い。

そして何度撮影してもやっぱり難しい(笑)

技術的にどうこうというより、個体によってはすぐ飛んでいってしまうことが少なくないからだ。ライトで照らすとすぐ逃げるし、酷いとストロボを炊いても逃げることさえある。

今回はまさにそれに当ってしまい、せっかくの天使の輪ダンゴが撮影開始まもなく飛んでいった(泣)

20180221-_DK04742のコピー

理由はなんであれ、最初の個体でしくじるとどうもエンジンのかかりが悪い。

こうなると他のダンゴをお裾分けしてもらって撮影するわけだが、一度しくじると引きずるタイプのようで、一本目は撮れ高はイマイチ。

 

 

二本目。

20180221-_DK04824天使の輪ではないし、よく動きはしたが、5分程小さいカジメにうまく乗っかってくれた個体。お利口さんだ。

個体そのものよりもどういう環境にいるかが重要なので、この状況はラッキー。

この子も下手にライトを照らすとすぐどこかに飛んでいきそうなのでライトをOFFにしてファインダーを覗く。

・・・ライトで照らしておかないとホントに見つからないが、我慢我慢。

 

20180221-_DK04795のコピー
カジメめっちゃ被ってるw

最近はダンゴウオの撮影では開放では絶対に撮らないし(それどころかガチ絞りである)、シャッタースピードも1/100を切ることはほぼないが、カジメに揺られるダンゴウオの撮影というのはかなり難儀だ。

 

 

 

ウミウシもいい場所に居てくれる個体を紹介してもらえた。

20180221-_DK04848のコピー

イナバミノウミウシは普段ちゃんと撮らないけど、環境がいいので一気にやる気モード。

 

20180221-_DK04893のコピー

いつも見たいと思いながらも何故か縁のないゴマフビロードウミウシ。

 

写真自体も一本目よりだいぶマシになった。

毎年初物ダンゴは酷い撮れ高だが、今年はボチボチといったところか。

もっとも、家に帰って現像すると及第点の写真は10枚に1枚程度という現実なのだが、

それでもダンゴウオはやめられない。